大航海時代を制したイギリスといえば、もちろんGRACEのテーマでもある紅茶ですが、同時にその紅茶と一緒に食べるお菓子は?ときいてピンと来ない人も多いはず。
フランスにはフランス菓子があり、ドイツもマイスター制で菓子職人を育て、イタリアやスペインにおいてはお菓子作りがさらに身近な感じもします。

とういうわけで、ちょっとあんまり知られていないイギリスのケーキ。

GRACEではそんなあんまり知られていない本格的なイングリッシュケーキを楽しめます。本格的なイングリッシュケーキとは・・・写真から伝わるかと思うのですが、キーワードは【熟成】かもしれません。洋酒につけこまれてドライフルーツも濃厚な味でまさに熟成されて、時間をかけた分しっとりとしています。まさに熟成スイーツ。味は、甘くもなく酸っぱいわけでもない。記憶に残る質量という感じです。大人の味。GRACEの紅茶とともにぜひお楽しみください。

cake01 cake02